好きなもの気になること.com

日常の気になること、気になるもの、気になる場所、色々投稿していきます

子連れ旅行は大変?持ち物であると便利なものや注意点を体験談でご紹介します

      2017/02/14

e13785946e5f8f67f37bfb7e0c8bb4cd_s

家族 ファミリー子連れで旅行に行こうと思うんだけど…

  • 初めてだしちょっと不安
  • 何か持っていったらいいものってある?
  • 注意しなければいけないことは?

子連れでの旅行って大変そう。でもたまには育児の息抜きに旅行に行きたい!そう思ったことはありませんか?

今回は初めての子どもとの旅行を前に悩んでいるあなたに、子連れ旅行で持っていくと便利なものや注意点について私の体験談をご紹介します。

スポンサードリンク

子連れの旅行は大変?

私は息子が生後5か月の時、7ヶ月の時、1歳の時の計3回、父母子の3人での子連れ旅行を経験しましたが、初めての旅行のときは不安がいっぱいで、「周りの方にご迷惑をおかけしたらどうしよう」「旅行に行ってリラックスしたいのに逆に疲れるようなことにならないかな」と私は大きな不安を抱えていました。

旅行先はというと車で片道2~5時間かかるところへ行ったのですが、子連れ旅行を経験した感想としては「とっても大変」でした。。(>_<)

やっぱり一番大変だったのが初めての旅行のときなんですが、何が大変だったかというと

  • 子供がふとしたときに訳も分からず突然激しく泣き出す
  • 泣き出しても高速道路では急に止まれずあやすことが出来ない
  • 観光スポットではベビーカーが使えないところが多い
  • 赤ちゃんは宿の大浴場には入れない
  • バイキングでの食事が大変

ともろもろです。

子連れ旅行は特にお風呂が大変・・・

特に大変だったのがお風呂でした。
大浴場の脱衣所にはベビーベッドが付いているところは多いですが、うちの息子は私がベビーベットからちょっとでも離れると泣き出してしまいました。沢山の人がいる中着替えが置いてある場所とベビーベッドの間を裸で歩き回り、抱っこしてあやし、それでも泣き止まないので、泣いている中「ちょっとごめんね~」なんて言って着替えさせました。すぐ外に出ていきたかったんですが、自分も着替えなければいけないし。でもその間も息子は泣き続けていて、周りにご迷惑をおかけして、本当に大変な思いをしました。こんなことをしていたらせっかく旅行でリラックスしに来たのに逆に疲れてしまいます(;_;)

このときはベビーバスを貸してくれるお宿だったので何とか息子を大浴場に連れて行って洗うことができましたが、通常ベビーバスがなければ、お漏らしをしてしまう可能性のある赤ちゃんを連れて大浴場には入れません。
部屋にユニットバスが付いていることがありますが、たいてい狭くてあまり清潔感がなく、赤ちゃんを洗うのを少しためらってしまうくらいのところが多いです。

子連れにおすすめの宿

おむつがとれていない赤ちゃんは大浴場禁止にしているお宿もありますので、大変な思いをしないよう、事前に調べておくのをおすすめします。
大手旅行サイト「じゃらんnet」では、赤ちゃん歓迎のお宿やホテルをご紹介していますし、webで予約をすると宿に(ほとんどの場合)コメントを付けることが出来るのですが、その時に「●ヶ月の赤ちゃん連れのため、周りの方にご迷惑にならないように端っこの部屋などにしていただけると嬉しいです。」などと記載すると配慮してくれることがほとんどです。記載する場所がなければ電話で依頼をすれば大抵のところは受け付けてくれるはずです。
ベビーバスを貸してくれるところはもちろん、赤ちゃん用のバウンサーを貸してくれたり、アレルギー用のベビーフードを提供してくれるところもあります。

もし宿の予約どこにしようかな~という方はぜひ下記から探してみてくださいね^^

じゃらんnet
>>じゃらんnetで赤ちゃん歓迎ホテルや旅館を探してみる

子連れ旅行の持ち物で便利なのは?

あと、旅行に行くとなると持ち物も気になりますよね。出先ではすぐに調達が難しい場合があるので、漏れのないようにしたいもの。1歳前後の赤ちゃんを旅行に連れて行くときの必需品としては

  • 多めの着替え(宿泊日数+2着くらい、厚手のもの、薄手のもの合わせておく)
  • おむつ、おしりふき、お風呂用品(ベビー石鹸など)
  • 離乳食、ミルク、赤ちゃん用のお菓子、哺乳瓶、コップ(マグマグ・ストロー付など)
  • 保険証、乳児医療証(あれば)、母子手帳
  • おもちゃ、おしゃぶり、絵本(ぐずった時に使える)
  • 抱っこひも、ベビーカー

などがあります。(よろしければ旅行前のチェックリストとしてご活用くださいね。)

子連れ旅行にベビーカーは必要?

ベビーカーに関しては賛否分かれると思いますが、我が家の旅行では必需品になっています。抱っこひもですとどうしても長時間の移動は疲れてしまいますし、昼ご飯を食べるときにお店に子供用の椅子がない事も多いのでそんな時にベビーカーがあれば、それに乗せてご飯が食べられるので、とても便利です。

今では車いすのお年寄りも多いのでスロープやエレベーターが用意されているところも多数あります。ベビーカーは確かに電車や新幹線などではかさばりますが、車で旅行をされるのでしたら念のため持っていくと安心ですよ^^

スポンサードリンク

子連れ旅行の注意点

大人でも枕が変わるとなかなか寝付けないという方がいらっしゃるように、旅行に行くと子供の寝つきが悪く夜中に何度も起きてしまうことがあります。また、人気の観光地では人も多いので子どもが興奮してしまい、夜の寝つきの悪さにつながったり、ふとしたことでなかなか泣き止まなくなってしまうこともあります。
電車や新幹線、飛行機などでご旅行の際は近くの席の方に「ご迷惑をおかけするかもしれません。」と一言伝えるようにしたり、お気に入りのおもちゃを持って行って落ち着いてもらえるように努めると良いでしょう。

また、旅行などでいつもと違うところに行くと子どもの身体にはとてもストレスがかかります。大人もちょっと疲れるので、それは大人も子供も一緒ですよね。
そのため、子連れ旅行の時は大人が楽しむよりも子供優先に考えるのが一番大切ですので、余裕をもった時間やスケジュール、気候などには十分留意され、赤ちゃんに負担がかかりにくい旅行プランを考えてあげたいですね。

まとめ

子連れ旅行は確かに大変ですが、旅行のときの写真を並べてみると子供が成長していくさまが目に見えて分かりますので、とてもいい思い出になります^^特に初めての旅行の時はたくさん写真や動画を撮って、いい思い出になさってくださいね。子供にとっても新しい刺激がいっぱいできっと記憶の隅に残ってくれるはずです。ぜひご家族で素敵な旅行を楽しんでくださいね。

 - 観光・レジャー ,