好きなもの気になること.com

日常の気になること、気になるもの、気になる場所、色々投稿していきます

引越しの家具処分はアートでしてくれる?費用相場や東京で回収無料の所は?

      2017/02/15

cd7d4e3e4e4ad78098c3e727a0e65ea9_s

男子学生、考える(バストアップ)

引越しをアート引越センターに頼む予定なんだけど・・・

  • アートで家具の処分はしてくれる?
  • 費用は?
  • 東京で無料回収してくれるところはある?

引越しの際に困るのがいらない家具の処分。自分でするのは大変ですし、できたら全部引っ越し業者にお任せしたいですよね。
今回の記事ではアートで家具の処分はしてくれるのかや費用の相場、東京で無料回収しているところについてご紹介します。

スポンサードリンク

引越しの家具の処分はアートでしてくれる?

アート引越しセンターでは引越しのときの家具の処分をしてくれるのでしょうか。

  • 残念ながら家具の処分はしていない

聞いてみたのですが、残念ながらアートさんでは基本的に家具の処分は行っていません。ただし、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、エアコンなど役所では引き取ってもらえない家電製品については引き取ってくれますが有料になります。

家電リサイクルにつきましては、規定のリサイクル料と
運搬料を頂いておりますので、有料となります。

それぞれの料金は製品と製品のサイズによって変わりますので、
詳しくはお見積りの際に営業担当者にお問合せください。(アートさん回答原文)

また、再利用が可能な家具や家電については状態に応じて買取をしてもらえる可能性がありますので、見積もりの時の担当者に交渉してみましょう。

引越しの家具処分の費用はいくらくらい?

再利用ができない家具、家電はアートさんで処分できないこともありますので、他で処分できるところを探さなければなりませんね。不要な家具を処分するときの費用って大体いくらくらいかかるのでしょうか。

不用品回収の相場と手続き方法

家具などの不用品回収の相場は、

【民間業者】
軽トラック1台分 15,000~40,000円
2tトラック1台分 30,000~80,000円
重量計算で100~200円/kg
体積計算で7000~15,000円/㎡

【行政(自治体)】
重量計算で15~40円/kg
体積計算で1000~4000円/㎡

参考URL:ゴミナビ!

となっており、民間と行政それぞれ手続き方法は、

【民間業者】
電話などで不用品の量を伝えておくと、自宅まで取りに来てくれることがほとんどです。自宅への出張費用が取られる場合も多いですが、急な荷物の増加やスケジュールなど相談して決めることができます。

【行政(自治体)】

基本的に不用品の大きさなどに応じて粗大ごみシールを購入し、予め定められている粗大ごみの日までに外に荷物を出しておく必要があります。ただし、費用は民間業者よりはるかに安く抑えることが出来ます。
参考URL:ゴミナビ!

となっています。

point【民間業者】

  • 費用が高い
  • 回収日は相談で決められる
  • 不用品を家まで取りに来てくれる

【行政(自治体)】

  • 費用が安い
  • 回収日が決まっている
  • 不用品は家の外に出しておく必要がある

以上のポイントを押さえてあなたに最適な方法を探してみてくださいね。行政の方は自治体によって様々ですので、よく確認してみてください。


スポンサードリンク

家具の回収を無料でしてくれるところ 東京ver.

家具の回収は無料でしているところもあります。東京以外にも神奈川や埼玉まで該当地域になっているところもありますので、ひとつ参考にされてみてはいかがでしょうか。

東京で家具の無料回収をしているところ

  • RECOMMU(リコミュ)

RECOMMUでは出張費3000~3800円(地域により異なる)を負担すれば、東京20区と多摩市部、埼玉や神奈川の一部まで荷物を取りに来てくれます。出張費以外の費用はかかりませんので、とってもリーズナブルです。

  • 東京多摩不用品回収センター

東京多摩不用品回収センターでは東京23区、多摩市部、埼玉、神奈川で不要品の回収を行っています。もちろん自宅まで出張もしてくれ、通常処分費用の掛かるパソコンや自転車、エアコンは無料で引き取ってくれますので、処分に困っている方はおすすめです。

お近くの方はぜひ検討してみてくださいね。

まとめ

引っ越しで困ってしまいがちな家具の処分ですが、こうして見てみるといろいろな方法があることが分かります。行政に頼むのが一番安そうですが、回収してくれないものもありますので、そういったものだけ民間業者を使うことでお得になります。引っ越しの見積もりの時に「いらない家具を回収してもらえないか?」と交渉してみるのも一つの手ですよ。

 - 生活の知恵 ,