好きなもの気になること.com

日常の気になること、気になるもの、気になる場所、色々投稿していきます

引越しのあと住民票が必要な手続きは?必要枚数と移動はいつまでにする?

793b487902c67fd81d52ae76e7ebb074_s

気になること

段ボールを持った女性やっと引っ越しが終わった~!でも・・・

  • 引っ越し後に必要な手続きって何だっけ?
  • 住民票何枚必要
  • 住民票の移動いつまでにする?

引っ越しが終わってやっと一息・・・というところですが、一息つく前にやらなければいけないことがまだいくつかありますね。今回の記事では引っ越しが終わった後に必要な手続きの一覧表、住民票の必要枚数と住民票の移動いつまでにすればいいのかについてお話していきます。もうひと踏ん張り頑張りましょう!

スポンサードリンク

引越ししたあとに住民票が必要な手続きは?

お引越しお疲れ様でした!新居でのこれからの生活はワクワクしますね^^でもまだ手続きが必要なことが残っています。次にお伝えする引越し後に必要な手続きをチェックして、忘れずに行っていってくださいね。

引越し後に必要な手続き一覧

1、転入届

まずは役所にて転入届を行いましょう。ここで手続きをすることによって住民票が移されます。転入届の手続きは前に住んでいたところでもらった転出証明書と印鑑、住基(住民基本台帳)カード、本人確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険証などを新しい役所に持っていって行います。転入届の手続きが終わったら、忘れずに住民票の発行をしておきましょう。
※引っ越し後に必要になる住民票の枚数は2章でお話します。

2、国民健康保険の登録

国民健康保険に加入している場合には新しい居住地での再登録が必要となります。1の転入届で役所に行ったときに一緒に行いましょう。

3、印鑑証明書の住所変更

引っ越し前と違う市に引っ越した場合に必要になります。こちらも役所に本人確認書と実印を持っていって手続きします。

4、児童手当給付手続き

新しい居住地での申請が必要になりますので、印鑑、扶養者の健康保険証、口座情報が分かるものなどを持って役所で手続きをします。

5、子供の学校の転校手続き

住民票を持って転校先の教育委員会で手続きします。

6、運転免許証の住所変更

管轄の警察署へ行き、新住所宛に届いた消印つきの郵便物や健康保険証、住民票を持っていき、手続きをします。住民票は提出要で、コピーは不可です。

7、車庫証明の変更届

保管場所の証明書、車の配置図、手数料などを持って管轄の警察署で手続きをします。住民票が必要になる場合がありますので、事前に引っ越し先の管轄の警察署にて確認しておくと良いでしょう。

8、車検証の住所変更手続き

新しい居住地の陸運局にて手続きを行います。車検証、印鑑、車の保管場所の証明書、住民票、自動車税申告書などが必要になります。

9、犬の登録

新しい役所で届出書をもらって記入し、提出します。ほぼこちらが用意するものはありませんが、持ち物は念のため役所に確認しましょう。

10、電気・ガス・水道の住所変更手続き

それぞれ会社に電話して手続きの方法を確認しましょう。電話のみで手続きが完了する場合が多いです。

11、転送届

郵便局で郵便物の転送届ができますので、忘れず行っておきましょう。原則1年有効ですので、それまでに住所変更の漏れがないかも確認しておきます。

その他住所変更が必要な主なもの

  • 生命保険
  • 損害保険(自動車、火災保険など)
  • 銀行口座
  • 携帯電話
  • クレジットカード
  • 新聞
ほとんどの場合でネットや電話のみで変更が完了します。
ちなみにパスポートは現住所を申請する必要がありませんので、住所変更手続きは不要です。

引越しで住民票の必要枚数は?

引越し後の住民票必要枚数は各手続き場所によって異なりますが、最低1枚はあった方が良いでしょう。住民票を提示するだけで住所変更が済むところもたくさんありますので、1枚あると便利です。

また、車を持っている方は住民票を提出する必要がある場合がほとんどですし、子供の転校がある場合にも住民票は必要になりますので、このような場合は2枚もっていると安心です。

住民票の必要枚数は本当に各自治体などによってコピーでいいところや提示だけでいいところ、提出が必須なところと様々です。一概に必要枚数をお伝えすることができず申し訳ありませんが、何度も役所に行く必要がないよう、事前に各手続き場所に電話などで確認しておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

引っ越しで住民票の移動はいつまでにする?

住民票移動は引っ越してから14日以内にしなければなりません。これに違反すると罰金が発生することがあります。

ただし、

  • 1年未満と分かっている単身赴任・短期下宿
  • 生活の拠点が移動しない

などの場合は住民票を移動させなくてもいいことがほとんどです。念のため、各自治体に問い合わせをするとよいでしょう。

まとめ

引っ越しはする前も後もいろいろな手続きが必要で面倒ですよね。今回ご紹介した一覧をもとに一気に済ませることのできるところをまとめておきましょう。サッと済ませてあなたの新居での新しい生活を思いっきり楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

 - 生活の知恵