好きなもの気になること.com

日常の気になること、気になるもの、気になる場所、色々投稿していきます

鼻の下に汗をかくのはなぜ?原因と大量の汗をピタッと止める方法

      2016/07/13

6c9436b4fa626c81793a81c34bc7c5d5_s

焦る汗っかきで本当困る!

  • 夏になるとめちゃくちゃ汗をかくので本当にイヤ!
  • 特に鼻の下の化粧崩れがひどい
  • なぜこんなに汗が噴き出るの?

年中汗をかきやすい「汗っかき」の方はたくさんいらっしゃいますが、特に夏はすぐ鼻の下に大粒の汗が溜まってしまったりして恥ずかしい思いをすることがありますよね。
今回は鼻の下に大量に汗をかいてしまう原因とその汗をピタッと止める方法についてご紹介します。

スポンサードリンク

鼻の下に汗をかくのはなぜ?

暑い夏。あ~暑い!なんて思っていたら顔中汗だらけ!特に鼻の下に大粒の汗が溜まってめちゃくちゃ恥ずかしい…そんな経験はありませんか?
身体の中でも顔や脇は心臓に近いため、特に汗腺が活発に働き汗をかきやすい部分と言われています。また、汗の働きは「体温を調節すること」。運動不足などで体に熱がこもりやすい方は体内にたまった熱を何とか放出しようとして発汗し、体温を下げようとします。すると身体の温度を下げるため、より顔や脇から大量の汗をかくようになってしまうんですね。

鼻の下の汗の原因からしっかり対策を

顔に汗をかきやすいのは運動不足の方が多いとご紹介しましたが、運動不足を解消する以外にも汗を抑える方法はたくさんあります。順番に見ていきましょう。

  • 1、首を冷やす

繰り返しになりますが、身体が汗をかくのは体温を調節するためです。体温を効率よく下げるには保冷剤や冷却タオルなどで「首を冷やす」と効果的です。首には大きな動脈が通っているため、首を冷やすことによってそこを通る血液が冷やされます。その冷えた血液が全身にまわることによって体温が下がる手助けとなり、汗が治まるというわけです。

  • 2、つまようじで頭皮のマッサージ

これは知り合いの針灸師の方に聞いた話なのですが、10本くらいの爪楊枝を用意し、頭を軽くトントンすると頭から熱が放出され、体温が下がりやすくなるそうです。体温が下がれば汗をかきにくくなりますし、とっても簡単な方法なのでぜひ試してみてくださいね。

  • 3、脇の下を締める

これは舞妓さんや歌舞伎役者さんなどが実際に使っている方法ですが、脇の下をひもなどできつめに締めることでツボが刺激され、顔を含む上半身の汗を抑えることができます。
舞妓さんや歌舞伎役者は顔にしっかりとメイクをしているため、途中汗などをかいて化粧が落ちては大変ですよね。そんなご職業の方が実際に使われている方法ですから試してみる価値ありです^^
女性であれば下着のホックを少しきつめにするのも効果があると言われています。下記のような専用商品も販売されていますので、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

  • 4、化粧は薄めのナチュラルメイクで

こちらは直接的に汗を抑える方法ではないのですが、顔に汗をたくさんかいている方の中には化粧が崩れてドロドロになっている方もたまにいらっしゃいます。そうなると見ている方も辛いですし、本人はとにかく恥ずかしいですよね。鼻の下にはあまり濃いメイクは必要ありませんので、「ごく薄」を心がけるか、いっそのこと鼻の下にはファンデーションを塗らないなどして対応するようにしましょう。

鼻の下の汗を止めるとっておきの方法

次に「もっと直接的に鼻の下の汗を止めたい!何か効果的な塗り薬とかクリームとかはないの?」とお考えのあなたに一つだけ試していただきたいものをご紹介します。

顔汗にはサラフェ!顔汗専用ジェルのサラフェって何?

鼻の下を含む顔汗対策としてたくさんの方に人気があるのが、下記の「SaLafe(サラフェ)」という顔汗専用クリームです。
不思議なことにこちらを気になる部分に塗って1日を過ごすと

  • 汗がいつもよりましだった
  • メイクが崩れにくくなった
  • 昼間で化粧が持つようになった
  • いつもたくさん持ち歩いていたタオル1枚で済むようになった
などの効果が得られたという口コミを本当にたくさん見ることがあります。
※もちろん効果の感じ方には個人差があります。

サラフェは1本で約1ヶ月持ちますし、60日間返金保証もありますので、コストパフォーマンス的にもいいクリームです。もしよろしければ下記から詳細が見れますので、お暇な時にのぞいてみてくださいね^^

サラフェ

まとめ

鼻の下の汗を止めにはいろいろな方法がありますが、「大量の汗が何をしても止まらない!」というケースがあるかもしれません。この場合は多汗症や甲状腺機能の異常による「病気」の可能性もあります。汗のかきすぎで病院にかかるのは勇気がいりますが、気になるときは思い切って皮膚科などの診察を受けてみてくださいね。

 - 夏の気になること ,