好きなもの気になること.com

日常の気になること、気になるもの、気になる場所、色々投稿していきます

去年の年賀状は交換できる?余りの交換期限と手数料は?

b4acc04afe34e4c575df9297fa520ceb_s

年賀状を整理していたら去年の年賀状が出てきた!

  • これってまだ交換できる?
  • 未使用のものと書き損じのものとあるんだけど両方変えられる?

年末が近づくと年賀状を作る時期がやってきますが、
ふと過去の年賀状を見ていると、使っていない年賀状などを見つけることってありますよね。

去年の年賀状を今年使うわけにはいかないし、
何か有効な使い道はないのでしょうか。

今回は過去の年賀状は交換できるのか、交換期限などはあるのか、交換できるとしたら手数料はいくらくらいかかるのかについてご紹介します。

スポンサードリンク

去年の年賀状は交換出来る?

早速結論からお伝えいたしますと、
去年の余った年賀状は郵便局で交換することが出来ます

交換できるものとしては

  • 通常切手
  • 通常はがき・往復はがき
  • レターパック
  • 郵便書簡(ミニレター)

がありますが、去年の年賀状を今年の年賀状に交換することはできませんのでご注意くださいね。

年賀状の余りの交換期限は?

余った年賀状には交換期限はありませんので、去年のだけではなくおととしの年賀状もその前の年賀状も交換することが出来ます。

ただし無料交換ではなく有償交換になりますので、手数料がかかることを念頭に置いておきましょう。

スポンサードリンク

年賀状の交換にかかる手数料

年賀状の交換には1枚5円の手数料がかかります。

10枚年賀状を交換しようと思ったら50円の手数料がかかるということですね。

年賀状1枚の値段は52円(平成28年現在)なので、10枚持っていくと通常520円分の年賀状となります。
そこから手数料の50円を引くので、470円分の

  • 通常切手
  • 通常はがき・往復はがき
  • レターパック
  • 郵便書簡(ミニレター)

のどれかに交換できるということになります。

年賀状は交換できないのもあるので注意!

去年の年賀状であれば何でも交換できるのかというとそうではなく、
交換可能なのは

  • 白紙の未使用のもの
  • 書き損じや印刷ミスのもので切手部分がひどく汚れていないもの

に限ります。

当然ですが、投函済みのはがきで消印がついているものやあて先不明などで一度ポストへ投函したものは交換不可能となります。

また、切手部分が読み取れないくらい汚れていると消印がついているのかついていないのか分からなくなりますので、
交換を断られてしまいます。

郵便局に年賀状を持ち込むと郵便局員の方が
1枚1枚交換できる年賀状かを確認してくれるので、
「これって交換できるかな?微妙だな…」と思うものでも
郵便局に持って行って確認してもらいましょう^^

今年の年賀状を交換したいときは?

今年の年賀状を書き損じてしまった場合にももちろん交換可能となります。
今年の年賀状は、「年賀状の販売期間内」であれば

  • 通常切手
  • 通常はがき・往復はがき
  • レターパック
  • 郵便書簡(ミニレター)

のほかに今年使える新しい年賀状にも交換してくれますよ。
※もちろん手数料は5円かかります。

年賀状を喪中で交換したいときは?

年賀状を購入した後に喪中となり、年賀状が使えなくなってしまったときは年賀状の販売期間であれば無料で交換してくれます。

年賀状の販売期間を過ぎてしまったときは通常通り手数料が1枚につき5円の手数料を支払っての交換となります。

交換可能なものとしては今までご紹介したものとほぼ同様で、

  • 通常切手(弔事用切手
  • 通常はがき・往復はがき
  • レターパック
  • 郵便書簡

となり、お年玉付き年賀はがきには交換できませんのでご注意くださいね。

万が一喪中で年賀状が使えなくなってしまった場合は年賀状の販売期間中に早めに交換に行きましょうね。

まとめ

去年の使っていない年賀状を見つけても「あ~無駄にしちゃった…」と諦めないでくださいね^^

手数料はかかりますが、見つけたらぜひ郵便局に持ち込んで交換して
有効利用してください。

今年の年賀状を書き間違えてしまったときは新しい年賀状を購入するのではなく、
交換することで1枚5円で新しい年賀状が買えることになりますので、
必ず持ち込みして交換してくださいね^^

年賀状はもっとお得に購入できる!今年の年賀状を安く買いたい方はこちら♪

【関連記事】

スポンサードリンク

 - 年末年始 ,