日常の気になること、気になるもの、気になる場所、色々投稿していきます

好きなもの気になること.com

寝室の加湿を簡単にする方法 加湿器がない部屋でも快適に過ごすコツ

投稿日:

家の中でも寝室はかなり乾燥しやすい部屋のひとつですが、なかなか上手に加湿するのって難しいですよね。

うちのように加湿器がないとなかなか素早く部屋を加湿するのは難しいですし、お金をかけずに部屋の湿度をあげる方法、何かないかなーと悩んでる方も多いと思います。

今回は実際に私が毎日行なっている、加湿器がなくても効率良く部屋の湿度を上げる方法や加湿のコツをご紹介します^^
超簡単な方法なんですが、毎日快適に寝られていますよー♪

スポンサードリンク

寝室の加湿を簡単にする方法

さっそくですが、私がいつも寝室の湿度を上げるのに使っている方法は洗濯物を部屋干しすることです。

「えー!?部屋干しー??」と、部屋干しをすると洗濯物が臭うことが多いので、嫌なイメージを持たれている方も多いと思うのですが、冬の部屋干しは実はそんなに匂いが気にならないんですよ^^

冬に部屋干しをしても洗濯物が臭くならない!

「絶対ににおいません!」というと語弊がありますが、冬に部屋干しをしても洗濯物に生乾きの匂いがつきにくいのは私自身が毎日実感していることです^^

洗濯物の生乾きの匂いは主に菌の増殖

・・・と、私が自信ありげに言っても全然説得力がないので、その根拠をお伝えしたいのですが、洗濯物が臭う主な要因は「細菌、雑菌」によるものです。

菌の繁殖条件には水分や湿度が関係してきますが、菌が繁殖しやすい温度は15℃~40℃、35度くらいでもっとも増えやすいと言われます。

よく部屋干しの匂いが気になる梅雨時期や夏場は温度がまさに菌が増殖しやすい適温になっているので、洗濯物が臭くなることが多いんですが、冬場は室温が低いのでなかなか菌が増殖しないんですね。

なので冬場に部屋干ししてもあんまり洗濯物が臭いません。

私がよくやるやり方は夜寝る前に洗濯物を干して翌朝になったら外干しするという方法です。

こうしておくと寝ている間の寝室の中の湿度が適度に保たれるので、喉がイガイガしないし、洗濯物も生臭くないうちに外に干すことができます^^

めーっちゃくちゃ簡単ですが、これで毎日快適に寝られていますよ♪

ちなみに・・・私は仕事をしながら2歳児の子育てをしているので、家事になかなか手が回らないこともあるんですが、この方法を使っておくと朝に洗濯機を回さなくていいので、洗濯物がたまらないし、夜は湿度が快適に保たれて乾燥しにくいし、ストレスフリーな生活を送れています♪

もしどうしても生乾きが気になるという方は以下の記事も参考にしていただけるとうれしいです。

スポンサードリンク

寝室に加湿器がないときの加湿方法

加湿器がなくてもまだまだ部屋の湿度を上げる方法はあります^^

簡易加湿器を作る

私は洗濯物を部屋干しするとともにペットボトルとタオルを使って簡易加湿器を作り、寝室に置いておくようにしています。

簡易加湿器の作り方は至って簡単。

洗面器と大きめのペットボトルに適量の水を入れ、ペットボトルの口と洗面器にタオルをつけておきます。

たったこれだけ。

そうすると徐々にではありますが水分が蒸発して少し部屋の湿度を上げることができます。

タオルはできるだけ濡れてる面を広げておいておくとより効果的ですよ♪

簡易加湿器を写真付きで見てみたい方はこちらの記事も参考になさってくださいね^^


観葉植物を置いておく

観葉植物は少しずつではありますが葉っぱから水分を蒸発させています。

最近は100均にもパキラ、ガジュマルなどの可愛い観葉植物が売られていますので、お部屋のインテリアとしてもひとつ取り入れてみるといいかもしれませんね。

暖房器具はガスファンヒーターや石油ストーブを使う

もしご自宅にガスストーブや石油ファンヒーターがあるときにはそれを寝室で使ってみてください。

ガスや石油が燃焼するときには水分が発生するので、それで部屋の湿度を上げることが可能です。

現に実家ではガスストーブを使っているのですが、部屋の中も外もすっごく潤うので乾燥を感じたことがありません^^

ただ、効果がありすぎて窓際や玄関が結露してしまうので、逆に困ってしまうほど(*_*)

定期的に換気をして湿度を逃してあげるようにしましょう。

また、部屋が結露してしまうことも考えて後ほどこちらの記事で対処法も押さえておいていただけるとより良いと思います(*^^*)

お風呂場のドアを開けておく

これもよく言われることですが、寝る部屋と浴室が近いときにはお風呂から上がったあと浴室のドアを開けておきましょう。

すこーしだけ寝室にも水蒸気が入ってお部屋が潤うかもしれません。
(微々たるものだと思いますが^^;(笑))

まとめ

部屋を加湿する方法としては他にも「ケトルなどで湯をわかす」「鍋をする」などがありますが、寝室でさすがに鍋はできないですものね。

寝室を加湿したかったらぜひ洗濯物の部屋干しを試してみてください。

最近ではいい香りのする柔軟剤なども出ているので、これを併用すればほとんど臭いは気になりません!

また、結構この時期だと乾燥しているので翌朝結構乾いていることもあり、家事の時短にもなっていますよ^^

スポンサードリンク

-冬の気になること
-,

Copyright© 好きなもの気になること.com , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.