日常の気になること、気になるもの、気になる場所、色々投稿していきます

好きなもの気になること.com

生活の知恵

iPhone6のカメラは画質が悪い?設定と写真を綺麗に撮る方法

更新日:

iPhone街中でも旅行先でもアイフォンで写真を撮る方本当に増えてますよね。手軽にすぐ取り出せるアイフォンやスマートフォンは写真を撮るのに本当に便利です。
でもどこかでアイフォンのカメラは画質が悪いとか、綺麗に撮れないとか聞いたことはありませんか?
今回の記事ではiPhone6でのカメラの画質、写真を綺麗に撮るためにできる設定、写真の綺麗な撮り方についてまとめてみました。

スポンサードリンク

iPhone6のカメラは画質が悪い?

iPhoneのカメラは画質が悪いなんていわれることもありますが、iPhone6の画素数は800万画素ありますので、特に画質が悪いということはなさそうです。ただし、写真を撮影する場所の「状況」によっては写りが悪くなることもありましたのでご紹介していきます。

暗い場所

たとえば夜、デジカメなどで暗い場所と極端に明るい場所(ライトなど)が混在するようなところを写真に撮ると、明るい光が広がったようになり、「写真全体が白っぽく」なることがあります。しかしiPhone6では白っぽくなりにくく、暗い場所は暗く、明るい場所は明るくなりすぎず、綺麗な写真が撮れます。
ただし、夜でも明暗の差があまりないところや高層ビルからの夜景などを撮るときは全体的にぼんやりとした印象になってしまうことがあります。また、夜の写真は全体的に暗めに写ってしまうのがiPhone6の特徴です。

明るい場所

iPhone6の明るい場所で撮った写真や曇りの日の写真はほぼ問題がなく、風景写真を撮った時も色がしっかりと出て、まるで一眼レフカメラで撮ったかのような綺麗な写真が撮れます。逆光時の写真にも強いです。

ただ、動物の毛並などの細かい部分の美しさはやはり一眼レフのほうが上ですが、そこまで写真にこだわらない方でしたら、iPhone6のカメラでも十分綺麗に撮れます。

iPhone6のカメラの設定

もっと綺麗に写真を撮れるように設定したい!と思われるかもしれませんが、アイフォン6では誰でも簡単に綺麗な写真が撮れるように設計されていますので、事前にカメラの設定は必要ありません。人物を撮るときは自動で顔検出をしてくれますし、明るさの調節もカメラを起動した後で簡単にできます。また、自動で写真を修整してくれる手ぶれ補正も標準搭載です。
このように特に設定は必要ありませんが、iPhoneには写真が綺麗に取れるいろいろな性能が付いています。次に写真を綺麗に撮るためのコツをご紹介していきます。

スポンサードリンク

iPhoneで写真を綺麗に撮るコツ

写真のピントを合わせる

基本的なことですが、写真を撮る前にしっかりとピントを合わせましょう。iPhone6のカメラを起動して、画面上でピントを合わせたいところに軽くタッチすると簡単にピントが合うようになります。

屋外の写真はHDR機能を使う

外で写真を撮るときは太陽やライトなどの光によって明るいところと暗いところが顕著に出てくるようになります。そんなときにHDR機能を使うと写真の明るいところと暗いところを自動補正してくれて綺麗な写真を撮ることができます。

設定方法
カメラアプリを起動させると一番上に「HDR」と書かれているところがありますので、そこをタッチします。すると「自動」「オン」「オフ」と選ぶことが出来ますので、写真を撮るときの状況に合わせて設定します。

明るさを変更する

カメラの画面をタッチすると黄色い四角が現れ、太陽のマークが出現します。このマークを上下に動かすことで簡単にカメラの明るさを変更することができます。

夜の写真はAE/AFロックを活用する

暗いところでイルミネーションなどの写真を撮ろうとするとピントを合わせても少し動かしただけでピントがずれてしまうことがあります。そんなときにこのAE/AFロックを使うとピントがロックされ、少々動かしてもずれなくなります。

設定方法
カメラの画面でピントを合わせたいところを長押しするだけで黄色の文字で「AE/AFロック」と表示され、設定することが出来ます。ちなみにAEとは露出(明るさ)のことで、AFとはピント(オートフォーカス)のことです。

シャッターボタンを長押し

iPhone6ではシャッターボタ長押しすることで簡単に連写することができます。この機能を使って数枚写真を撮り、一番きれいな写真だけを残すことが出来ます。ちなみに連写で撮れる枚数は200枚以上です。(それ以上は長すぎて試せませんでした)

写真をワンタッチで編集する

撮った写真を写真アプリで表示させると右上に「編集」ボタンが現れます。ここをタッチすると右上にタッチペンのようなアイコンが出ますので、そこをタッチするだけでも写真の写りがくっきりとします。

まとめ

このようにiPhone6のカメラは撮り方によってはデジカメや一眼レフにも負けないほど高性能で、簡単に綺麗な写真を撮ることができます。以前のiPhoneでは少し画質が悪い部分もありましたが、カメラの写りは劇的に改善されています。素敵な景色を見つけたら、今回ご紹介したテクニックを使って写真を綺麗に美しく残してくださいね。

-生活の知恵
-

Copyright© 好きなもの気になること.com , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.