好きなもの気になること.com

日常の気になること、気になるもの、気になる場所、色々投稿していきます

夏の髪の痛みを早く改善するケア!つやつやヘアーの作り方

   

162d2a3d7c3d3df0eea7d9af7ae438a9_s

ダメージヘアに悩む女性ちゃんとケアしてたつもりなのに…

  • 夏の間に髪の毛が傷んでゴワゴワ
  • 痛みを早く改善したい
  • ツルツルヘアーになりたい

夏の紫外線が髪の毛に悪いとは知りつつも、ケアしきれなくて、髪の毛が傷んでしまうことってありますよね。今回は夏に傷んだ髪を秋の間にツルツルにするケアについてご紹介します。

スポンサードリンク

夏の髪の痛みにはいろいろな要因がある

夏の間に髪の毛がダメージを受けてしまいゴワゴワ、チリチリ、パサパサになってしまったと悩んでいませんか?夏の紫外線が髪に悪影響を及ぼすことはご存知の方も多いと思いますが、実は他にも夏特有の髪を傷めてしまう原因があったんです。

髪の傷みの原因

  • 冷房

夏にクーラーを多用することによって身体が冷え、血液の循環が悪くなります。血液の循環が悪くなると髪の毛に栄養が行きわたらなくなるため、艶とハリのない髪の毛になってしまうのです。また、冷房による風も髪の毛には悪影響を及ぼします。風が髪の毛に当たることによって乾燥の原因となり抜け毛や切れ毛、枝毛の原因となります。

  • 髪の毛を乾かさずに寝る

冬は髪を乾かさずに寝ると寒いので濡れたまま寝るということは少ないと思いますが、当たり前のことながら夏は暑いので髪の毛が濡れていてもそこまで気にならないのでそのまま寝てしまったり、ドライヤーの熱風が煩わしく乾かすのが面倒になってしまうことってありませんか?

でも髪の毛が濡れたままの状態で寝ることによって髪の毛の表面を守ってくれるキューティクルが剥がれやすくなり、枕と髪の毛の摩擦で髪の毛が傷みやすくなってしまいます。また、寝癖がつきやすくなりますので、翌朝スタイリング剤をたくさん使ったりして髪にダメージをどんどん与えてしまうことになります。

  • 睡眠不足

夏はつい夜更かしをしてしまい、ベッドに入るのが遅くなってしまうという方は多いと思います。でもお肌と同様に髪の毛も夜間の睡眠中に成長したり生まれ変わったりするので、髪の毛にとっても睡眠不足は大敵です。

  • ストレス
身体へのストレスは百害あって一利なし、なのですが、髪の毛にとっても同様です。暑さによるイライラやストレスによって髪の毛にダメージが蓄積し、つやハリの低下にもつながります。
  • ダイエット

夏は肌を露出することも多いことからダイエットをしたとか、毎日の食事を少なめにしているという方も多いです。しかしダイエットや不十分な食事により身体が栄養不足となってしまい、そうすると髪の毛にも栄養が届かなくなるため、光沢のないパサパサとした不健康な髪の毛になってしまうのです。

  • 日焼け

近年は髪の毛用の日焼け止めも販売されていますが、なかなかお肌と違って髪の毛の紫外線ケアはないがしろにしてしまうという方は多いと思います。夏の間に日差しを浴び続けた髪の毛は傷み、弱りきってしまいます。

髪の痛みを改善する方法

夏の間に受けたダメージは出来るだけ早く改善していきましょう。以下の方法を普段の生活に少しずつでも取り入れていくことで早く髪の毛を健やかな状態に戻してあげることが出来ます。

正しいシャンプーをしよう!

シャンプーはただすればいいというわけではありません。次にお伝えする方法を普段のシャンプーに取り入れることによってよりサラサラで潤いのある髪の毛を取り戻すことが出来ますので、ぜひ行ってみてくださいね。

スポンサードリンク

1、シャンプー前にブラッシングする

シャンプーをする前にはくしで髪をとかすことによって手が通りやすくなり、髪の毛のほこりや汚れをとることが出来ます。

2、お湯でよく流す

シャンプーを使う前にはお湯で全ての汚れを洗い流すイメージでしっかりと流します。3分ほどかけてじっくり行うと髪の毛の汚れの60~70%を落とすことが出来ると言われていますので、念入りに行いましょう。

3、シャンプーは使いすぎない

シャンプー液には界面活性剤などの添加物が含まれているため、必要以上に使いすぎると髪の毛を痛めてしまう原因となります。普段もこもこに泡立てて洗っていた方はシャンプーの量を1ポンプ分少なくして洗ってみてくださいね。2でしっかりと髪の毛にお湯が行きわたっていれば少量のシャンプーでもしっかり泡立ちます。

4、シャンプーは手のひらで泡立てる

シャンプー剤をそのまま髪の毛に塗って泡立てると摩擦で髪の毛が傷んでしまいます。出来るだけ手のひらで泡立ててから優しく髪の毛に付けましょう。

5、すすぎはぬるま湯で

すすぎに熱いお湯を使うとキューティクルが剥がれる原因になります。38度くらいのぬるま湯でシャンプー時間の倍くらいの時間をかけてじっくり丁寧に洗い流しましょう。

洗い流さないトリートメントを有効に使う

お風呂からあがって髪の毛をドライヤーである程度乾かしたら毛先に洗い流さないトリートメントを使用しましょう。トリートメントは適量を手のひらにとり、傷んでいるところを揉みこむようにして浸透させます。そしてここがポイント。トリートメントを付けたら乾いた清潔なタオルで髪の毛を包んでそのまま寝てしまいましょう。すると翌朝までかけてしっかりトリートメントが髪の毛に浸透し、ゴワゴワだった手触りがサラサラに改善されます。一度試してみてくださいね。

髪のケアでつやつやに保つ方法

髪の毛をもっとつやつやに健やかに保つための方法をご紹介します。

髪の毛のドライヤーを使った正しい乾かし方

美容院でブローしてもらった後のようなつやつやの髪を手に入れるには普段のドライヤー使いを見直すことも大切です。ドライヤーは髪の毛の根本だけ乾かすイメージで当て、毛先には極力当たらないようにします。毛先は熱風が当たりやすく乾燥しがちなので、根本だけ乾かそうとするだけでも十分乾きます。熱すぎる熱風で乾かすのは髪の痛みにつながりますので、温度調節が出来るドライヤーの場合には注意が必要です。

髪の毛は8割がた乾いたらあとは自然乾燥で乾かしましょう。最後に冷風を当てて冷ますとキューティクルが引き締まり、うるおいのあるツルツルの髪の毛になります。

目の粗いブラシを使う

目の細かいブラシを使うと髪の毛に大きな摩擦がかかってしまい髪の痛みの原因となります。目の粗いブラシでとかすだけで十分ですので、見直してみましょう。

トリートメントは髪の毛だけにつける

お風呂でトリートメントやコンディショナーをつけるときに頭皮にまでつけていませんか?頭皮にトリートメントなどの油分が多いものが付くと毛穴が詰まってしまい栄養分が髪の毛まで届かなくなってしまいます。つけるときは毛先や髪の毛の部分だけにつけるように心がけましょう。ただつけるよりも手のひらでプッシュして浸透するようなイメージでつけるとより効果がアップします。

髪の毛に効果的な食べ物

髪の毛の主成分はたんぱく質ですので、良質なたんぱく質を摂取しましょう。鶏肉や豆腐などは高たんぱく低カロリーで髪の栄養にも効果的です。また、牡蠣(かき)に含まれる亜鉛や乳製品に含まれるカルシウム、わかめなどの海藻類に含まれるミネラルは髪の毛の健康を保つのに必要不可欠です。毎日の食卓に積極的に取り入れるようにしましょう。

まとめ

あなたの普段の髪の毛の洗い方、やヘアケアと比べていかがでしょうか。何か新たな発見はありましたか?これらの方法を使用していただき、1日でも早くウルウルつやつやの髪が取り戻せますようにお祈りしております。

スポンサードリンク

 - 秋の気になること ,