日常の気になること、気になるもの、気になる場所、色々投稿していきます

好きなもの気になること.com

生活の知恵

イエローゴールドとゴールドの違い24kと18kの色の違い変色しやすいのは?

更新日:

gold

気になること
彼女へのプレゼントにゴールドのネックレスを買いたいんだけど・・・

  • イエローゴールドとゴールドって何が違うの?
  • 24kと18kって何?
今回は彼女へのプレゼントや自分でゴールドを購入したいと思ってお悩みのあなたに、イエローゴールドとゴールドの違い、24kと18kの色の違い、変色するのかどうかについてお話していきます。

スポンサードリンク

イエローゴールドとゴールドの違いって?

ゴールドのことについて調べているとイエローゴールドという言葉を耳にすることはありませんか?
イエローって金色にも似ているのになぜイエローゴールドとゴールドと名前が分かれているのでしょうか?

イエローゴールドとは?

結論からお話するとイエローゴールドとはゴールドの一種です。
純金に比べて黄色味が強いゴールドのことを表し、18金や18K、K18とも表記されます。後述するように普通のゴールドと金属の割合が異なりますので、ゴールドとは名前を分けてイエローゴールドと呼ばれています。

スポンサードリンク

24kと18kの色の違いって?

また、金は24kや18kという数字で表されることがあります。
これはゴールドに含まれる「金の割合」に応じて名前が変わります。金の割合が変わるので色の違いもあります。

金のみ(純金)でできている場合は24金、24kと呼ばれ、18kよりも金の割合が多いため、高価になります。

イエローゴールドは銀と銅が12.5%ずつ入るため、18kのゴールドより黄色味を帯びており、並べて見ると色の違いは歴然です。銅の割合を少し多くするとピンクゴールド、銅の代わりにパラジウムという金属を混ぜると白っぽくなり、ホワイトゴールドと呼ばれます。

18kのゴールドって変色するの?

ゴールドは純金に近ければ近いほど変色しづらいとされており、24kの純金であれば、ほとんど変色しません。
ただ、18kのゴールドのようにほかの金属が混ざっている場合には銅などが変色しやすいため、こまめに拭くなどの手入れが必要になります。

変色と言っても黒くなるのではなく、イエローゴールドなら黄色味が強く、ピンクゴールドなら赤っぽくなります。

ちなみに金はとても柔らかい金属なので、爪で強く推すだけで傷がついてしまいます。デザインも崩れてしまいますので、日常的に使うアクセサリーは18kを選ぶと良いでしょう。高価ですが資産として持つなら断然24kをおすすめします。

まとめ

イエローゴールドとは黄色味の強い18kのことでした。24kのほうが色は綺麗で高価ですが、強度が弱く長く使うには向きません。18kは強度がありますので、長く使ったり凝ったデザインにすることができますが、変色しやすいので両方の違いをよく理解して素敵なゴールドを手に入れてくださいね。

-生活の知恵
-

Copyright© 好きなもの気になること.com , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.