日常の気になること、気になるもの、気になる場所、色々投稿していきます

好きなもの気になること.com

生活の知恵

スーパーの惣菜が値引きになる時間は?値下げ半額で購入するコツを元惣菜担当者がご紹介!

投稿日:

eba0ab8f999f3e9adb13c7ea341b6490_s

60409.女性エプロン,笑顔スーパーのお惣菜を安く買いたいんだけど・・・

  • 値引きになる時間は?
  • 半額になるタイミングは?

少しでも食費を節約したいというときにスーパーの値引き商品を購入される方は多いと思います。でもなかなか値下げされている商品にありつくことができないと思っていませんか?今回は元スーパー従業員の私がお惣菜の値下げの時間やタイミングを包み隠さずお話します。

スポンサードリンク

スーパーの惣菜が値引きになる時間は?

スーパーで値引き商品を買うにはあるコツが必要です。お店によって値引きのタイミングは多少異なりますが、多くのスーパーで大体同じような運営方法をとっているかと思います。私の働いていたスーパーでの値下げ、半額のタイミングをお話しますので、参考になさってくださいね。

スーパーの値下げの時間帯は商品によって変わる

スーパーで値引きが始まる時間は大きく分けると

  • 夕方~閉店までの間
  • 開店~昼前までの間
になります。夕方から閉店までの値引きは予想が出来ると思いますが、開店から値引きが始まることもあります。お総菜やお弁当、お寿司などはその日のうちに消費期限が来ますので、消費期限が来るまでの間、つまり夕方~閉店までに値引きをします。
でもお肉や牛乳、お漬物など消費期限が1日限りではなく、2日~数週間におよぶ長いものは開店から昼前などの午前中から値引きが始まることが多いです。なぜかというと、たいていの商品は朝方入荷され、それを店頭に並べることから1日が始まります。新しい商品を並べるときにすでに店頭に並んでいる商品の消費期限が確認できるので、新しい商品を並べながら、消費期限の近い商品を見つけて値引きも一緒に行うという流れになっています。
※あくまでも私が勤めていたスーパーの例です。

スーパーの惣菜の値下げのタイミングはこう決める

スーパーのお惣菜やお弁当は毎日同じ量だけを製造しているのではなく、その日に「特売のチラシが入っているかどうか」や「天気予報」などによって客数を予想しある程度の製造量を決めます。そのあと、当日のお客様の入り具合によって商品を追加したり追加しなかったりということを行っています。

できれば社員の方も値引きをしないで売り切りたいので、そのようなこまめな製造を毎日行っているんですね。その上で予定よりも売れなかった場合には値引きをして売り切るということを行っています。

お惣菜の値引き時間はどのように決められているのかというと消費期限から逆算して決めています

消費期限は「製造時間から●時間後」という風に決まっているのですが、たとえばうちのスーパーでは「消費期限の6時間前」が値引きのタイミングと決まっていました。商品の消費期限が大体夜23時ごろにくるので、その6時間前の夕方17時ごろに20%引きとなっていました。ちょうど17時ごろには夕方のアルバイトさんが来るのでアルバイトさんが来る時間=値引きの時間となっていたんですね。

あなたの近所のスーパーでもこのような一定の決まりがあると思いますので、できれば数日通ってみて値引きの時間帯を見極めてみてください。毎日アルバイトさんが同じ時間帯に値引きをしている場合は「毎日●時になったら値引きしてね」と社員さんに言われている可能性がありますので、その時間帯にお店に行ってみましょう。

スポンサードリンク

スーパーの値引きのタイミングは毎日違う

ただし、値下げのタイミングにはある程度の決まりはありますが、その日によって割引率が変わることもありますし、値引きが行われないこともあります。

値引きをするかどうかは

  • 今どのくらいのお客様が店頭にいるのか
  • 閉店までの時間にあとどれくらいのお客様が来るのか

を社員の方が様々なデータから判断して決めています。社員の方が毎日目視で判断し、「今日は●%割引にしよう」とか「今日は早めに半額にしよう」とか「今日は値引きしなくてもいいよ」などとアルバイトの方などに指示を出していきますので、値引き、半額になる時間は厳密には決まっていません。

値引きのタイミングは季節によっても違う

このタイミングは季節によっても違います。

外が暗くなるのが早い冬は、16時を過ぎると客数がどんどん減ってきます。夜は寒く家の中に閉じこもる時間も早いので、早い時間から値下げを始めることが多いです。

反対に外がなかなか暗くならない夏は、夜も温かいので夜遅くまでお客様がやって来る可能性があります。そうなると値引きの時間はどんどん遅くなってきます。

基本的に値引きは売り上げのピークの時間が過ぎてから始まりますので、ピーク時間の後にお店に行くことが必要です。冬は大体15~16時、夏は18~19時がピーク時間ですので、その時間の後にお店に行くようにしましょう。

スーパーの惣菜が半額になりやすい日

お惣菜が半額になりやすい日があります。それは

  • 突然大雨や大雪が降った日

です。突然強い雨や雪が降った日というのは「売れると思って作ったお惣菜が大量に売れ残るリスクが高まる」ため、値引きをしてでも出来るだけ売り切りたいという心理が働きます。そのため、「大量」に「大幅値引き」になる可能性があります。早い時間に沢山の商品が半額になることも多いため狙い目です。長靴やレインコートを準備してスーパーに行ってみましょう。
また、オリンピックの人気競技やプロ野球の決勝、サッカー日本代表の注目試合などが行われるときなど、多くの方が注目しているテレビ中継などがあると、それが始まる時間からお客様がサーっといなくなりますので、たくさんの商品が値下げされることもあります。

まとめ

多くのスーパーでは大体値引きの時間は決まっていますが、その日の売り場の商品の残り数やお客様の数、天気によって割引の時間や割引率は変わります。何度かスーパーに通ってみて値引きのタイミングをつかんでくださいね。

-生活の知恵
-

Copyright© 好きなもの気になること.com , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.