日常の気になること、気になるもの、気になる場所、色々投稿していきます

好きなもの気になること.com

生活の知恵

二日酔い予防は飲む前と飲んだあとどちらがいい?飲み方にも注意!

更新日:

zutuu1お酒が大好き!飲み会・宴会大好き!そしてついつい飲みすぎ翌朝二日酔い・・・そんな経験はありませんか?
二日酔いが辛くて仕事や学校に行きたくない。身体がだるい、動きたくない。そんな辛い二日酔いを予防するいい方法はないのでしょうか。
二日酔い予防は飲む前と飲んだ後どちらがいい?
二日酔いにならないお酒の飲み方がある? いろいろな二日酔い予防の方法がありますが、その効果を実体験を交えてお話しします。

スポンサードリンク

二日酔い予防で飲む前におすすめの方法

私の実体験ですが、これをすると効果があった!というものをご紹介しますので、ご参考になさってください。

※あくまでも筆者の実体験ですので、すべての皆様に効果があるとは限りません。ご了承ください。

ウコンの力を飲む

二日酔い予防には何と言ってもウコンの力です。私はウコンの力をお酒を飲む直前くらいに飲んでいましたが、同僚からウコンはお酒を飲む15分くらい前に飲むといいと教えてもらいました。
たしかに直前に飲むより15分ほど前に飲んだほうが、帰りの電車の中も楽で酔いにくかったと思います。
また、ウコンは飲料より錠剤を事前に飲んでおいた方が効果があるという方もいました。

空腹状態でお酒を飲まない

もう一つ大事なのは空腹状態ではお酒を飲まないこと。空腹でお酒を飲むと次の日に胃が痛くなることがあります。できたらお酒を飲む前におにぎりなどをコンビニで買って食べると良いでしょう。私はこれをすると翌朝の二日酔いや胃痛が起こりにくくなりました。

お店についたあとも初めの一口はあまりぐっとお酒を飲まずに、お通しやサラダなどを少しおなかに入れてから飲むと良いでしょう。

二日酔い予防で飲んだあとにおすすめの方法

飲んだあとにできる二日酔い予防とはどんなものがあるのでしょうか?

スポンサードリンク

水分を十分に採る

アルコールを中和させるため、出来るだけコップ2杯以上の水やお茶を飲むようにしましょう。水分を取ったらできるだけたくさんトイレに行くようにします。アルコールが抜けるのが早くなります。
なお、以前の記事でお伝えしたようにお酒を飲んでいる間や飲み終わった後すぐにスポーツドリンクを飲むのはNGです。(アルコールがより吸収されやすくなるため)ただし、スポーツドリンクは翌朝に飲むと効果的に水分補給ができ、アルコールも尿から出やすくなるのでオススメです。

肝臓を助けるドリンクを飲む

飲む前にもおすすめしたウコンの力ですが、お酒を飲んだあとにも飲むと翌朝身体が楽になります。(あくまでも私の実体験です)

あとはヘパリーゼレバープラスなどを試してみてもいいでしょう。

なるべく早く寝る

アルコールを分解させるにはある程度の時間が必要です。十分な休息を取って体力を回復させるため、家に帰ったらなるべく早く寝ましょう。

二日酔い予防には飲み方も重要?

はしご酒、ちゃんぽんは酔うって本当?

はしご酒やちゃんぽんで酔ってしまうのではなく、これらをすることによって場所やお酒の種類が変わるため、気分が変わり、多量のお酒を飲んでしまいがちです。そのため、結果的に飲みすぎてしまい、二日酔いの原因になりやすくなります。

二日酔いを予防する上手なお酒の飲み方

お酒はできるだけゆっくり飲むようにします。お酒を一気飲みすると肝臓のアルコール分解能力が追い付かず、酔ってしまいます。
また、お酒ばかりおなかに入れるとアルコールが体に吸収されやすくなりますので、食べながら飲むのが鉄則です。

また、お酒ばかりではなく、合間に水やウーロン茶などのノンアルコール飲料を飲むようにし、できればお酒と交互に飲むといいでしょう。
水を飲んだからと言ってお酒を大量に飲まないように注意してくださいね。

まとめ

いかがでしょうか。

飲む前と飲んだあとにきちんと予防をし、またお酒の飲み方にも気を付けることで辛い二日酔いを予防することが出来ます。
個人差がありますので、いろいろな方法を試してみて、あなたに一番合った方法を見つけ出してくださいね。

※こちらの記事は筆者の実体験をもとに書いています。すべての皆様に効果があるとは限りません。また、この記事の方法は個人様の責任で細心の注意を払って行ってくださいますようお願いいたします。

-生活の知恵
-

Copyright© 好きなもの気になること.com , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.