家事

フライドチキンの温め方 温め直して揚げたてのサクサクを復活させるコツ!

投稿日:2017年12月27日 更新日:

フライドチキンを普通に電子レンジで温めるとべちゃっとして美味しくないことありますよね。

スーパーやコンビニで買ってきたフライドチキンを揚げたてのようなパリッとした食感で味わいたい!

そんなときにこの方法を使うとパリッとサクッと美味しく出来上がりますよ(*^^*)
と~っても簡単なのでぜひ試してみてください♪

スポンサードリンク

フライドチキンの温め方 簡単にカリッとさせるならこれ!

持って帰ってきたフライドチキンがフニャフニャで美味しくなさそう…

冷めたフライドチキンを揚げたてみたいなカリカリに戻すことができたら嬉しいですよね。

フライドチキンをカリカリにしたいなら電子レンジとオーブントースターの併用が一番簡単です(*^^*)

オーブントースターって言うと私自身、「え?オーブン?」って思うんですけど、パンを焼くやつのことですね。
(アタリマエのこと過ぎてスミマセン…)

一体どのように温めたらいいのかやり方をご紹介しますね。

フライドチキンを温め直し手順

温め直すときの手順はとっても簡単。

1、600Wくらいの電子レンジで30秒〜1分ほど加熱し、チキンを暖めます。

(レンジが汚れるかもしれませんがラップはしないほうが余計な水分が抜けてパリッとしやすくなりますよ^^)

2、1000wくらいのオーブントースターにアルミホイルかクッキングシートを敷いてチキンを置き、5分ほど加熱。

(様子を見て加熱時間を伸ばしてください。ワット数は高い方が短時間でサクッとしやすいですよ。)

これだけです!

たったこれだけで中はホカホカあたたかジューシーで、外はサクサクパリパリのフライドチキンが出来上がります (*^^*)

スポンサードリンク

フライドチキンのサクサクが復活するだけじゃなくこんないいことも!

この方法でフライドチキンを温めると衣がパリッとするだけでなくこんないいこともあります。

それが余分な油がポトポト抜け落ちること!

フライドチキンはその名の通り揚げてある鶏肉なのですが、店舗で購入したものの場合油切りがちゃんとできておらず、余分な油が残ったままパックされていることがあります。

私は実際スーパーの惣菜コーナーで働いてたことがあるのですが、忙しい時期になると油切れは早々にパック詰めしてしまうことがあるんですよね。

でもこうすると時間が経ったときに油が固まってベタベタしますし、熱いまま封をすると蒸気が蓋に溜まってチキンがベチョベチョになってしまいます(T_T)

また、クリスマスなどはクリスマスチキンの製造で忙しいと思うので、油切りがちゃんとできてないフライドチキンが増えてしまう可能性がありますので余計な油がたくさん残っていることも。。

でも購入したチキンが油でベトベトだったとしてもオーブントースターで焼くことで余分な油が勝手にジワジワと抜け出てきますので、とってもヘルシーに食べることができます

ダイエットしている方にとって余分な脂が抜けるは嬉しいですよね(*^^*)

ただ、結構油が抜けるのでトースターで温めるときにアルミやクッキングシートを敷くことをお忘れなく。

油がヒーター部分につくと焦げ臭い臭がしたり発火してしまう可能性があります(*_*)

ケンタッキーフライドチキンの温め直し方

フライドチキンといえば、ケンタッキーフライドチキンを思い浮かべる方も多いと思います。

ケンタの公式サイトを見てみてもオーブントースターを使った温め方は書いてあるんですが、「アルミホイルにくるんでオーブントースターで5〜8分」と書いてあるんですよね。

私だけかもしれないのですが、アルミホイルでくるむ作業自体がめんどくさいと思ってしまうんですよね^^;

手についたらベトベトになるし…爆。

なのでそのことを考えても今回の電子レンジ+オーブントースターの温め方は手軽で短時間でできておすすめですよー♪

まとめ

ということで今回はフライドチキンをサクサクに温め直すコツについてご紹介してきました。

オーブントースターだけだと表面だけが温まって中が冷たいということもありますが、電子レンジを使うことで中までしっかり温めることができます。

しかも時短で準備できるのが嬉しいですよね(^^♪

サクサクカリカリの美味しいフライドチキンで幸せなお時間を♪

-家事
-, ,

Copyright© 好きなもの気になること.com , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.