好きなもの気になること.com

日常の気になること、気になるもの、気になる場所、色々投稿していきます

赤ちゃんが夜暑いと泣く時の暑さ対策 熱中症は寝るときも要注意

   

e480b2b5b4049e379caaa9bff7453691_s

困っている女性赤ちゃんが暑いみたいで夜起きちゃうんだけど・・・

  • 何かいい対策はないかな
  • 寝てる間に熱中症にならないかも心配

暑い夏は汗をかきやすく夜はとても寝苦しいですよね。特に赤ちゃんは自分で体温調節する力が未熟なため、夜に何度も起きてしまうときがあります。夜の熱中症も心配ですね。今回は赤ちゃんの夜の暑さ対策、熱中症を防ぎ、涼しく快適に寝るための方法をご紹介します。

スポンサードリンク

赤ちゃんが夜暑いと泣くことが多いのはなぜ?

赤ちゃんは大人よりも体温が高く、すぐに身体に熱がこもってしまいます。赤ちゃんの洋服は大人よりも1枚少なく着せるとは言いますが、暑い夏はこれ以上薄着になることもできないということありますよね。体温調整のため、夏の赤ちゃんは大量の汗をかきやすく、不快に感じて夜中に起き出してしまうということなんです。また、赤ちゃんの汗腺の数はあの小さい体でも生まれたときから大人と同じ数だけあるので、すぐ汗だくになってしまうんです。

赤ちゃんの暑さ対策で夜はどうする?

赤ちゃんが寝るときは出来るだけ涼しく過ごすため、クーラーの使用を考えることもあると思いますが、使うことによって子供の身体に悪影響がないか、寒くなって風邪を引いたりしないか、また電気代なども心配ですよね。次はエアコンを使わずに快適に寝てもらうための方法をご紹介します。

  • 扇風機

扇風機は身体に当てるのではなく、少し上方に向けて回しながらかけましょう。部屋の中に空気の流れを作ることで快適に過ごせます。

  • ジェルマット

電化製品を使わず布団に敷くだけで使えるジェルマットは自然なひんやり感で身体が冷えすぎることがないので、赤ちゃんにも安心です。下記の商品なら水洗いもできるので汚してしまっても清潔に使うことが出来ます。

  • ござシーツ

イグサを使ったござシーツも自然な涼しさを感じることが出来ます。イグサは湿気を素早く吸収してくれるので表面はサラサラ、汗っかきな赤ちゃんも快適に眠ることが出来ます。

  • 保冷剤

保冷剤をタオルにくるんで枕元や足元に置いておくと冷気が放出されて涼しく感じます。直接赤ちゃんの肌に触れると低温やけどの恐れがありますので、注意してくださいね。

  • ジェル枕

赤ちゃん用のジェル枕は冷凍庫で冷やし固めるだけで簡単に使えます。熱が出てしまったときの氷枕の代わりにもなりますし、冬は温めて湯たんぽ代わりにも使えるものもあります。

他にもいろいろな暑さ対策グッズがありますので、ぜひ探してみてくださいね。

スポンサードリンク

赤ちゃんの熱中症は寝るときも注意

寝ている間も熱中症には注意しましょう。赤ちゃんは大人と違って話すことが出来ず気づかないうちに熱中症にかかってしまうということもあります。知らないうちに子供がぐったりしていたらと思うととても怖いですよね。
もし上記でご紹介した暑さ対策を試してみても寝つきが悪かったり何度も起きてしまうという場合はやはりクーラーの使用を検討してみてください。設定温度を高めの28~29度くらいにしたり除湿機能(ドライ機能)を使うと寝苦しさが半減することもあります。エアコンの除湿機能は冷房に比べると消費電力も低いので電気代が心配な方にもおすすめです。湿度が低くなると体感的に涼しく感じますので、下記の湿度対策の記事も参考になさってくださいね。

また、熱中症対策として枕元には水を常備しておきましょう。暑くて起きたときに飲ませます。そして寝る前には出来るだけ水分を摂ってもらってから寝るようにしましょう。子供が汗をたくさんかいているときはイオン飲料がおすすめです。熱中症の原因は水分の減少と汗をかくことによるナトリウムやカリウムなどのイオンの減少です。そのため、イオンが含まれた飲み物を飲むことが熱中症予防には効果的です。ただしイオン飲料は少し甘いので起きた後は歯磨きをしたり口をゆすいだりということを行いましょう。

まとめ

自分で暑さに対処することが難しい赤ちゃんの体調を整えることが出来るのは周りの大人だけです。大人が寝苦しいということは赤ちゃんはもっと寝苦しいので、いろいろな方法を試してみて一番いい方法を見つけてくださいね。

 - 夏の気になること , ,