生活の知恵

浴室乾燥機は必要?用途や電気代ガス代でメリットデメリット比較!

投稿日:

このたび引っ越しをすることになった私。

新しい家では浴室乾燥機をつけるかつけないか選ぶことになったのですが、今まで浴室乾燥機を使ったことがなかったのでいるのかいらないのか迷っていたんですね。

でもどういう状態ならいるのか、どういう状況ならいらないのか、判断材料がなく困っていました。

そこで私がいろいろ調べてみた浴室乾燥機のメリットデメリットをご紹介したいと思います。

私のように浴室乾燥機って必要?不要?と悩まれているあなた様のお役に立てましたら幸いです。

スポンサードリンク

浴室乾燥機って必要?どんなときに便利なの?

まずは浴室乾燥機を使っている知り合いとインターネット上の口コミで浴室乾燥機の必要性について調査してみました。

浴室乾燥機のメリット

お風呂を乾燥させる

浴室乾燥機の用途のメインは浴室を乾燥させることにあります。
浴室が水分に覆われていると必然的にカビが生えやすくなり、赤いぬめりなどが取れにくくなります。

浴室乾燥機をつけておけば浴室内や浴槽がカラッと乾くのでお風呂を使った後にスイッチを入れておけばカビ予防、汚れ防止に役立ちます。

ただし・・・

お風呂を乾燥させるだけなら浴室乾燥機でなくてもいいんですよね^^;
窓を開けておくでもいいし、扇風機を強で回すでもいいし、換気扇がお風呂についているのであれば、それを回しておくだけでも良いでしょう。

つい窓を開け忘れてしまう、とか脱衣所などに扇風機を置くスペースがない、換気扇がお風呂についていないという方でしたら浴室乾燥機を検討されてみてもいいかもしれませんね。

洗濯物を乾かす

浴室乾燥機の使い道として洗濯物を乾かすのに使用されている方も多くいらっしゃいます。
ガス式なら薄手の洗濯物であっという間に乾くこともあります。

雨や雪の日はもちろん、花粉症や梅雨時季PM2.5、黄砂などの季節的なもので外に干せないという方も重宝しますね。

洗濯ものを室内で乾かす方法としては洗濯機の乾燥機能でもよいのでは?と思われる方も多いと思いますが、洗濯機の乾燥機能は洗濯機の中でぐるぐる回しながら乾燥させるのでしわになります。

ワイシャツや大切なお洋服などしわをつけたくない場合にはやはりまっすぐ干せる浴室乾燥機が便利ではあります。

ただし、浴室乾燥機にはガス式と電気式があり、ガス式の方はパワーがあるので比較的短時間でカラッと乾かすことが可能なのですが、電気式の場合パワー不足で乾くのに時間がかかったり、カラッとかわかすのには不向きという側面もあります。

大体完全に乾くのにガス式で夏は1.5時間、電気式で2.0時間かかり、冬場はガス式で2.0時間、電気式で2.5時間くらいかかるという話もあります。
※もちろん浴室乾燥機のパワーには個体差がありますので、この限りではありません。

早く乾かしたいときには扇風機や換気扇と併用したり、人によっては浴槽に除湿機を持ち込んで乾かす方もいるほど少々手間がかかることもありますので、メーカーの方に性能について確認されてよく検討されたほうがいいかもしれませんね。

お風呂場を温める

冬の時期になるとお風呂場が寒くてお風呂に行くのがおっくう・・・という方もいらっしゃると思います。

うちも脱衣所からお風呂場が凍えるように寒くて、なかなかお風呂に行こうという気になれません^^;

そんなときに浴室乾燥機は役立ちます。

お風呂に入る5~15分くらい前に浴室乾燥機を使えば洗面所もお風呂も、入るころにはホカホカに温まります。
ガス式だと5分くらいで暖めることができるので経済的にもいいですよね。
ご高齢の方がいるご家庭ではヒートショック予防にも効果的といわれていますので、重宝することでしょう。

実はヒートショックによる死亡者数は交通事故による死亡者数よりも多いというデータもあるんですよ。

2011年の1年間で約17,000人もの人々がヒートショックに関連した入浴中急死をしたと推計され、その死亡者数は交通事故による死亡者数(4611人)をはるかに上回ります。
東京都健康長寿医療センター

そう考えると入浴前にはお風呂場を温めておいた方が安心ですね。

ただし・・・
お風呂場を暖めるだけならヒーターやストーブなどの暖房器具を使う方法もありますし、シャワーでお湯をためるようにすれば湯気でお風呂全体がもわ~っと温まります。
100vくらいの電気式浴室乾燥機ではなかなか温まらないという声もありますし、浴室乾燥機は風がでるので中に入った後はつけられません。
真冬は温まった空気もすぐ冷めてしまうという声もありますので、こちらも検討材料にされてくださいね。

スポンサードリンク

浴室乾燥機の電気代ガス代は?

浴室乾燥機の電気料金を調べてみると電気式の浴室乾燥機で1時間約33円、1日3時間使うと考えるとひと月で約3000円かかります。

ガス式の場合は1時間約40円、1日3時間使うと考えるとひと月で約3600円かかります。

ガス式のほうが料金は高い感じがしますが、浴室内や洗濯ものが電気式よりも短時間で乾きますので、電気式で1日3時間30日、ガス式で1日2時間30日と計算すると電気式がひと月3000円、ガス式がひと月2400円で済みます。

となるとガス式のほうがトータルで安いという形になりますね。

浴室乾燥機は必要?メリットデメリットを徹底解説!まとめ

浴室乾燥機のメリットとしては

  • お風呂のカビやぬめりなどの汚れ予防
  • 雨の日や花粉症の時期に洗濯ものを乾かせる
  • 脱衣所やお風呂場を温めることができる

などがあります。

反対に浴室乾燥機のデメリットとしては

  • 設置にお金がかかる
  • 電気式の種類によってはパワー不足なこともある
  • お風呂や洗濯物の乾燥、お風呂場の温めは浴室乾燥機以外でも十分可能

といったことがあります。

予算面や日頃の生活で必要かどうか、ご家族でお話していただき、決定されるようにしてくださいね。
こちらの記事が少しでも参考になりましたら幸いです^^

※ちなみに私のうちは電気式の浴室乾燥機だったのですが、主人と話してつけないことにしました・・・^^;

設置に10マンかかるといわれたし、ガス式のほうが良かったので。。。

-生活の知恵
-

Copyright© 好きなもの気になること.com , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.